ダイビングできる?できない?病気のリスクを3段階でチェックしよう!

公開:2018/1/8723

ダイビングを始めたい!でも持病があるから潜れるかどうか不安・・・そんな方に、潜水医学の観点からどんな症状があると潜ってはいけないのかを、以下の3段階にわけてご紹介します。

  1. 絶対ダイビングしちゃダメ!5つのパターン
  2. まずは相談!治療是正や特定の条件下で潜れる、9つのパターン
  3. ダイビング可否は議論中!5つのパターン

※以下の情報はあくまで参考とし、少しでも不安があれば医師の診断を受けるようにしてください。

①絶対ダイビングしちゃダメ!5つのパターン

以下に当てはまる方は、ダイビングを絶対にしてはいけません。

  1. 心疾患系
  2. 肺疾患系
  3. 中耳・内耳疾患系
  4. 適切な判断が難しい
  5. 妊娠中

もちろん症状や程度によっても、判断は変わります。それぞれ詳しくご紹介しましょう。

1.心疾患系

高血圧や動脈硬化性心疾患は禁忌ではありません。が、リスクがないとも言えないのが現状です。

主な禁忌症例
狭心症不整脈を伴う心疾患

2.肺疾患系

肺疾患のなかでも多くの人が患っているぜんそく。昔は禁忌と言われていましたが、最近では反対・賛成、双方の意見があります。

主な禁忌禁忌症例
高炭酸ガス血症低酸素血症を伴う肺疾患
多発性肺嚢腫(サイストあるいはブラ)および肺気腫
過去にエアエンボリズム(AGE)自然気胸にかかったことのある人

3.中耳・内耳疾患系

ダイビングにおける中耳・内耳の大切な機能は、①体内の圧力調整、②平衡感覚の維持。たとえば鼓膜穿孔は①も②もできなくなります。

ちなみに耳抜きができない場合、ほとんどの場合は病気ではありません。コツを掴んだり事前の準備をきちんとすることで問題なく潜れるでしょう。

耳抜きができない人へ ~原理&方法・コツをわかりやすく解説~

「耳抜きが苦手で、ダイビングが不安…」ダイビングが初めての方や耳抜きが不安な方でも簡単にできる!正しい耳抜きの方法とコツをまとめました。 ...

主な禁忌症例
鼓膜穿孔(鼓膜に穴が空いている)
過去に中耳・内耳の外科手術にかかったことのある人
現在、中耳・内耳の感染症疾患にかかっている人
メニエール病(めまい、難聴)

4.適切な判断が難しい

ダイビングは自己責任で潜るもの。水中で適切な判断を下せないと、リスクしかない状況になりかねないでしょう。

主な禁忌症例
精神・情動不安定症
アルコール依存症/精神安定剤など薬物依存症

5.妊娠中

5つの禁忌でもっとも解明されていないのが、妊娠中のリスク。少なくとも妊娠が発覚してからは潜らないようにしましょう。

ちなみに生理中は、地上で問題なく運動できる状態であれば潜ることができます。詳しくはこちらをご覧ください。

生理中もダイビングできる?生理用品・鎮痛剤は使えるの?

待ちに待ったダイビングの日に生理があたってしまった場合、潜れるかどうかと、潜るときの対策方法についてお伝えします! ...

まずは相談!治療是正や特定の条件下で潜れる、9つのパターン

以下に当てはまる場合は、ダイビング可能かもしれません。まずは医師と相談し、リスクを確認することをおすすめします。

  1. ビタミンあるいは鉄欠乏性貧血
  2. 胃・十二指腸潰瘍
  3. 慢性胃腸疾患
  4. 副鼻腔感染症
  5. 耳感染症
  6. 四肢骨折など急性骨関節疾患
  7. 急性眼感染症疾患
  8. 先天性心疾患(卵円孔開存など)
  9. 過度な肥満

ダイビング可否は議論中!5つのパターン

  1. 喘息
  2. 糖尿病
  3. 動脈硬化性心疾患
  4. 高血圧
  5. てんかんになったことがある

上記の症状はいままで「一般常識的にだめ」といわれてきました。が、これらの持病を抱えながらもダイビングをしたい/しても問題なかったなどの意見があります。それに症状もピンからキリまであるし、統計学的に見ると身体症状が直接の原因になった事故はほぼありません。たとえば喘息・糖尿病・てんかんが直接事故原因になった例はないことが明らかになっています。

こういった理由から、現在は「一病を患っていても過去の病歴・現在の状態・総合的な健康状態から可否を判断すべきだ」と考えられています。

※参考文献・・・新しい潜水医学事故を起こさせないための潜水医学

この記事を書いた人

アバター
723

SNSIダイブガイド。2018年中にインストラクター予定。 鹿児島の離島、徳之島で晴れの日はクジラとカメを追い、雨の日はWebコンサルティングを行う。

Magazine人気記事

タグ

この記事を書いた人

アバター
723

SNSIダイブガイド。2018年中にインストラクター予定。 鹿児島の離島、徳之島で晴れの日はクジラとカメを追い、雨の日はWebコンサルティングを行う。