スズキ目 カワビシャ科

テングダイ

分類スズキ目 カワビシャ科
特徴

くちびる部分だけが突き出したような独特の顔をしていて、大きく黄色の背びれと腹びれを持っているので他の魚と見間違うことはほぼありません。数尾から十数尾の比較的小さな群れでゆっくりと泳ぎます。水深20mくらいの場所でみかけますが、本来はもっと深いところ(水深40mくらい)に住んでいるのだとか。

体長約25cm
別名ヨコジマ(和歌山)、キンチャク(三重)など
© sis All Rights Reserved.